minato-daizoの日記

魚について色々紹介します。

茨城県 秋のプライドフィシュ「茨城のひらめ」をご紹介!

全国プライドフィシュ紹介第192弾!

f:id:minato-daizo:20181025085837p:plain

秋:茨城のひらめ(旬9~11月)をご紹介します。

淡白な中にも深いうまみ。 白く透き通る身は刺身が絶品

 

プライドストーリー

・ひらめの中でも評価が高い「常磐もの」 あっさりした身はどんな料理にも合う万能食材

 

茨城県内全域で漁獲される、県を代表する魚

f:id:minato-daizo:20191007143316p:plain

茨城を代表する魚介のひとつであるひらめは「県のさかな」に選定されています。  ひらめは、晩秋から冬にかけて旬を迎える白身魚。鯛と肩を並べる高級魚のひとつです。その中でも通称「常磐もの」と呼ばれる茨城産のひらめは、市場関係者や食通の間で高い評価を受け続けています。  味は癖がなく淡白、それでいて滋味あふれる肉質。おすすめは刺身やあらい、昆布締めなど生で味わうと最高ですが、煮魚にしてもまた格別です。ムニエルやフライ、フリッターなど洋食との相性も抜群。中落ち部分はアラ煮やアラ汁にすると、上品で深みのある出汁が最高です。忘れてはいけないのが、縁側と呼ばれる部分。ひれを動かす筋肉の部分で、1匹からほんのわずかしか取れない稀少部位である縁側は、脂がしっかり乗っていて食感はコリコリ。刺身でいただくのが絶品です。  茨城県の漁業者は「30㎝未満のヒラメは獲らない、売らない、食べない」をスローガンに資源管理に努めています。また、毎年ヒラメの稚魚を放流するなど、資源量の増加にも努めています。

f:id:minato-daizo:20181025090537j:plain

茨城県内全域で漁獲される、県を代表する魚

 ひらめは、茨城県内の全ての漁協(平潟、大津、川尻、久慈町、久慈浜丸小、磯崎、那珂湊大洗町鹿島灘、はさき)にて水揚げされています。主な漁法は沖合底びき網漁業、小型機船底びき網漁業、刺し網漁業、釣り漁業、定置網漁業です。  底びき網漁業は、水深の約3倍の長さのワイヤーロープ2本の先にオッターボードと呼ばれる金属製の大きな板を付けて、海中の漁網の位置をコントロールするとともに、網口を大きく開いて、中層~低層にいる魚を効率よく漁獲する漁法です。  漁獲したひらめの中でも、30㎝未満のひらめを再放流するなどの資源管理を行っています。また、10㎝近くまで成長させたひらめの稚魚の種苗放流を行うなどの取組も行っています。

 

今回は茨城県のひらめを紹介しました。

第193弾は、神奈川県 松輪さばを紹介します。

ひらめに関しては大分県のプライドフィシュ「カボスひらめ」、青森県のプライドフィシュ「青森ひらめ」をご参考に・・・

 

こだわり抜いた美味しい漬け魚はこちら!

www.daizo-m.com