minato-daizoの日記

魚について色々紹介します。

千葉県 夏のプライドフィシュ「銚子の入梅いわし」をご紹介!

 

全国プライドフィシュ紹介第38弾!

f:id:minato-daizo:20180512100457p:plain

夏::銚子の入梅いわし(旬6~7月)をご紹介します。

梅雨の時期だけ出会えるイワシは、舌の上で溶けるほど脂ののりが抜群!

 

プライドストーリー

6~7月の「入梅」時期に銚子で獲れるイワシは 1年のうちで最も脂がのり、刺身で食べると驚嘆すべき美味しさ

f:id:minato-daizo:20180710061124j:plain

イワシは昔から庶民の魚、大衆魚と呼ばれ、安くておいしい魚の代名詞でした。全国の沿岸から沖合にかけて広範囲に生息し、その種類もマイワシの他にカタクチイワシ、ウルメイワシなどがあります。千葉県は、これらイワシ類の水揚量が全国1位で、マイワシについても全国有数の水揚量を誇っています。

 イワシの主要な水揚港である銚子港は日本一の水揚港としても知られ、沖合では南からの黒潮と北からの親潮がぶつかり、さらに利根川からの淡水も加わって、年間を通じてプランクトンが豊富に発生する好漁場となっています。ここで水揚げされるイワシは太って丸みを帯びており、特に6~7月にかけての「入梅」(梅雨の時期)に水揚げされるマイワシは「入梅いわし」と呼ばれ、1年の中で最も脂が乗って美味しくなります。

 銚子のイワシ料理の代表的なものとして、刺身、塩焼き、煮付け、佃煮以外に「なめろう」「つみれ汁」「さんが焼き」「蒲焼き」「卯の花漬け」など、さまざまな調理法があります。煮ても焼いても美味しい入梅イワシですが、とりわけ氷水で締め、三枚におろした刺身は絶品で、これまで抱いていたイワシのイメージが変わるはず。銚子では毎年この時期に鮮度抜群のいわしが食べられる「入梅いわし祭り」が行われます。

また、イワシには頭の働きを良くするDHAや血中コレステロールを下げるEPAが豊富に含まれていることから、近年は健康に良い食材としても脚光を浴びています。

f:id:minato-daizo:20180512100940j:plain

日本屈指の水揚げ港・銚子近辺で、まき網漁業にて漁獲

 イワシの県内主要水揚港は銚子・飯岡・片貝・鴨川などで、銚子から九十九里にかけて年間を通して漁獲されます。東京湾内でも獲れますが、マイワシについてはその多くが銚子港に水揚げされています。

 漁法は、魚群を発見すると漁網で大きく巻き、運搬船に積み上げるまき網漁業で、船の大きさによって大中型まき網と中小型まき網があります。操業方法も1そうで網を巻く1そうまき網と2そうで網を巻く2そうまき網があり、2そうまきはよりすばやく巻くことができます。操業は伝馬船とまき網本船、運搬船が一つの船団となって実施。まず小型で速い伝馬船が魚群を探し、魚群が見つかるとまき網本船に連絡します。本船が網を入れ魚群を巻き、巻き終わると徐々に網を絞り狭めて魚を漁獲。氷水を積んだ専用の運搬船に魚を移し、港まで運び水揚げします。これら船団の阿吽の呼吸と連携により、鮮度が高く質の良い状態のイワシを届けることができるのです。

 

 

 

今回は千葉県のいわしを紹介しました。

第39弾は、神奈川県 平塚のシイラ紹介します。

 

こだわり抜いた美味しい漬け魚はこちら!

www.daizo-m.com